LIFE

グラフィックデザインと写真と人生と

ordinary life

life goes on

ライアン・マッギンレー BODY LOUD!

f:id:gjmtokyo2010:20160612094142j:plainJacob (Red Blueberry), c-print, 2015 / Courtesy the artist and Team Gallery, New York

f:id:gjmtokyo2010:20160612094256g:plain

 

 ライアン・マッギンレーの国内美術館での初個展へ行ってきました(ギャラリー等での個展はすでにあり)


 NYのパーソンズグラフィックデザインを学び卒業にあたり、自分で作った作品集を写真家・編集者に送り、注目されわずか24歳でホイットニー美術館で個展を開いたことはあまりにも有名なサクセスストーリーです。

 

 ライアン・マッギンレー、ヴォルフガング・ティルマンスアンドレアス・グルスキーは現代写真のトップスターで世界三大先生と個人的に呼んぶくらい好きなのですが、かなり期待はずれです。スペースが限られているのと初期の美しい色彩やダイナミックで印象的な写真は全くなく、インパクトある写真はこの一点だけ。

f:id:gjmtokyo2010:20160612110831j:plain

 

初期から最新作までの自選の50点とのことだがクレジットを見るとTeam galleryとKoyama tomio galleryのものばかりで、あるものを並べた感が残念すぎる。

 

 ライアンとヴォルフガング・ティルマンスグラフィックデザインから入っていますが、今回の展示のほとんどは被写体がイラストレータガイドライン上にきちんと配置されたような写真ばかりで退屈です。何か起こる感、躍動感もなく、元々ナンゴールディンのような被写体と対話する写真ではないので空気感とか感情もそこにありません。

 

 

 展示内容・セレクトがダメだった。それに尽きます。

 写真集・作品集を見た方がいいと思います(キッパリ)

 

 

You and I

You and I

  • 作者: Ryan McGinley
  • 出版社/メーカー: Twin Palms Pub
  • 発売日: 2009/12/31
  • メディア: ハードカバー
 

 

Ryan McGinley: Whistle for the Wind

Ryan McGinley: Whistle for the Wind

  • 作者: Chris Kraus,John Kelsey,Gus Van Sant
  • 出版社/メーカー: Rizzoli
  • 発売日: 2012/06/26
  • メディア: ハードカバー
 

 

Moonmilk

Moonmilk

  • 作者: Ryan McGinley,Raphael Gygax,Dillon Brian
  • 出版社/メーカー: Morel Books
  • 発売日: 2009/11/13
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 シガー・ロスのCDジャケットにryan mcginleyの写真が使われていますが、arto lindsayは毎回matthew barneyーやkara walker現代美術家の写真を使用しているし、Sonic Youthも過去にRichard Princeを使っています。(僕の名前も権利関係でどこかに載ってたりします)

 

  ライアン先生のスピーチが大変素晴らしいのでリンク先をぜひお読みください

ライアン・マッギンレーより、若き写真家たちへ贈る言葉。 | VICE JAPAN

 

 

広告を非表示にする